印鑑のゴム印とは

Pocket

印鑑には本当に沢山の種類があります。なぜ一つで済むと思われがちな印鑑がここまで豊富な種類が販売されているのかというと、同じ印鑑であっても使用目的であったり、使用頻度、使用する時間の量が全く異なっているからです。そのため目的や用途に合わせた使い分けをしている方が多くなっておりますので、ここまで豊富な種類の印鑑が存在するようになっているのです。

社会人になり多くの方が利用するのがゴム印です。このゴム印はその名の通りゴムで作られた印字面をもった印鑑で様々な種類があります。価格も非常にリーズナブルなコストパフォーマンスの高い印鑑になっており、長く愛用すると言うよりは、リーズナブルな物を購入して、破損したり紛失してしまった際に買い直すような形で使用する印鑑になっております。

ゴム印の中にも様々な種類があり、住所や電話番号を印字することできる住所印や郵便物のあて名を印字する事ができるゴム印、領収書や請求書、見積書などはもちろん、稟議書に代表される社内的な物など日常的に承認する事のある書類に対して印字する角印、銀行などに事前に登録しておき、小切手を発行する際に必用になる小切手印、会社のロゴマークなどを印字するロゴ印など様々な種類があります。こちらのページでは社会人になった方の大半が利用することになるゴム印についての情報をご紹介します。実際にゴム印を購入しよう思っている方へのアドバイスや、ゴム印の基礎知識などを中心にご紹介しますのでぜひチェックしてみてください。