ゴム印を購入する前に

Pocket

ゴム印を購入する前に知っておいて欲しい事は複数ありますが、その中でも事前にしっかりと確認しておいて欲しいのが、ゴム印は実印登録する事ができないという事です。ゴム印はその名の通り、ゴムで出来ている印鑑になります。ゴムはとってもリーズナブルに製作する事ができる反面、ゴムという素材は非常にもろく、変形したりひび割れを起こしやすい素材になっております。
実印登録は印影を登録しますので、温度などで変形したり縮んでしまっているような印鑑は個人を証明する事が出来ない傾向にあります。印鑑のルールはそれぞれの自治体によって異なりますが、ゴム印を名指しで印鑑登録できない印鑑と記載してある所も多く、また名指しでは無い場合でも、変形しやすい素材の印鑑は登録不可としている所が殆どです。

また重複になる部分もありますが、ゴム印は使用していると必ず破損する物だという理解をしておく事も重要になります。壊れやすいがゆえにリーズナブルな価格になっております。また実印と比べて非常に使用頻度の高い印鑑となっており、日常的に使用する物になっておりますので、どうしても破損は付き物だと言えます。その為、直ぐに破損してしまった時でも用意する事ができるお店を探しておく事が重要になってきます。

ゴム印の種類

Pocket

ゴム印には様々な種類があります。象牙やチタンなどで作られている印鑑と比べて非常にリーズナブルな印鑑になっておりますので、それぞれの用途に合わせて使い分ける方も多く、複数のゴム印を所有するのが一般的となっております。

会社員の方が多く使用しているのが組み合わせる事で必要な情報を印字する事ができる親子判です。これは、自分の名前の他に会社名や住所、電話番号などがそれぞれ別々になっている印鑑で、必要な情報を上下に重ねて押印する事ができるゴム印となっております。社内でしたら名前だけでも十分ですが、社外の方に押印する場合には会社名と電話番号、住所なども一緒に押す事も可能です。

親子判と同じくらい多くの方が利用しているのが、文字や数字を選ぶ事ができる回転型のゴム印です。回転型のゴム印は、印鑑についているダイヤルを回す事で印字する文字や数字を変更する事ができるゴム印です。多くの回転型のゴム印は日付を印字する事ができるようになっておりますので、書類に印字する日付を印字する事ができるようになっているの印鑑の他にも、会社で良く使用する機会の多いビジネス用語などを集めている回転型のゴム印なども登場し、より使いやすくなっております。

ゴム印の購入手段

Pocket

オフィスで使うゴム印は様々な場所で購入する事ができます。街の印鑑屋さんでも購入する事ができますが、印鑑の通販サイトで購入するのが一般的となっております。インターネットで「ゴム印 通販」という検索ワードで検索してみると約 1,670,000件というとんでもない数の検索結果がヒットしました。(※2017年の2月現在)もちろんその全てがインターネットで注文する事ができる印鑑屋さんではありませんが、ゴム印を注文する事ができる印鑑屋さんが沢山ある事を証明しています。

まず通販サイトで注文する事の出来るメリットとして挙げられるのが、ズバリ「早さ」です。オフィスでゴム印を必要になる時には直ぐにでも欲しい状況が多く、あまり時間のかかる印鑑屋さんではお客様のニーズを満たす事は難しくなっております。ネットで注文する事ができる印鑑屋さんには即日発送をうりにしているお店もありかなり人気となっております。

また、ネットで注文する事ができる印鑑屋さんは実店舗を持っていないネットショップも多く、無駄を極限まで省いている傾向にありますので、実店舗を持っている印鑑屋さんでゴム印を製作するよりもかなりリーズナブルな価格で購入する事ができますので、優れたコストパフォーマンスが魅力となっております。

印鑑のゴム印とは

Pocket

印鑑には本当に沢山の種類があります。なぜ一つで済むと思われがちな印鑑がここまで豊富な種類が販売されているのかというと、同じ印鑑であっても使用目的であったり、使用頻度、使用する時間の量が全く異なっているからです。そのため目的や用途に合わせた使い分けをしている方が多くなっておりますので、ここまで豊富な種類の印鑑が存在するようになっているのです。

社会人になり多くの方が利用するのがゴム印です。このゴム印はその名の通りゴムで作られた印字面をもった印鑑で様々な種類があります。価格も非常にリーズナブルなコストパフォーマンスの高い印鑑になっており、長く愛用すると言うよりは、リーズナブルな物を購入して、破損したり紛失してしまった際に買い直すような形で使用する印鑑になっております。

ゴム印の中にも様々な種類があり、住所や電話番号を印字することできる住所印や郵便物のあて名を印字する事ができるゴム印、領収書や請求書、見積書などはもちろん、稟議書に代表される社内的な物など日常的に承認する事のある書類に対して印字する角印、銀行などに事前に登録しておき、小切手を発行する際に必用になる小切手印、会社のロゴマークなどを印字するロゴ印など様々な種類があります。こちらのページでは社会人になった方の大半が利用することになるゴム印についての情報をご紹介します。実際にゴム印を購入しよう思っている方へのアドバイスや、ゴム印の基礎知識などを中心にご紹介しますのでぜひチェックしてみてください。